さらに学ぶ

 

本格的なヨーグルトとケフィアをご自宅で

あなた自身で作りましょう

素敵で簡単

はじめに、乳酸菌がどのように成長するかをご説明します。

乳酸菌は、保存料を含まない乳製品のミルクで、最も効果的に作用します。防腐剤は、それが良いか悪いかに関係なく、菌を殺すために存在します。

常にミルクの種類について検討しましょう。

ミルクはヨーグルト菌に栄養を与え、生命をサポートし、ヨーグルトの品質と食感を決定します。ミルクの種類の違いは、ヨーグルトの品質と食感の違いに直結するのです。

どんな乳製品ミルクを使う場合においても、まず一度沸騰させましょう。低温殺菌の基準は異なり、人間にとっては安全なバクテリアであっても、乳酸菌にとっては危険である可能性があります。沸騰させることで、他のバクテリアが最小限になることを確実にします。植物性の代替ミルクは沸騰させないように注意しましょう。

ミルクが冷めて準備が整ったら、小袋又はカプセルからバクテリアを追加しましょう。よくかき混ぜ、10〜30分の間放置し、バクテリアがミルクへと適応していくことを確実にします。

次にバクテリアを成長させるためには、40〜45℃の中で保存させましょう。このレンジは、バクテリアの成長に最もふさわしい温度です。バクテリアは環境に適応して数時間で増殖し、栄養物を処理して乳糖を分解し、とろみを出し始め、本物のヨーグルトの独特な味と風合いが作り出されます。もし、準備の出来たヨーグルトで再培養する場合には、バクテリアは牛乳の栄養素に直接働きかけるので、3〜6時間後には出来上がることにご注意ください。

ヨーグルトが固まり始めたら、冷蔵する準備ができました。冷蔵により増殖のプロセスをスローダウンさせます。バクテリアの成長は大幅に減少し、ヨーグルトは美味しさを増します。冷蔵しない場合は、酸味が増していくでしょう。この段階でバクテリアは全ての栄養素をとっておらず、結果的にあなたの腸内で生き続けるのです。

 

ビデオを見る

乳発酵 – 解説

ミルクが発酵する仕組みをご存知ですか?

ヨーグルトを作るにはバクテリアをミルクに入れる必要があります。40〜45℃の環境でバクテリアは乳糖を食べ始め、ミルクがヨーグルトになるのです。

次のビデオで、科学的な視点から見ていきましょう。

次のビデオで、科学的な視点から見ていきましょう。
ミルクからヨーグルトへ

See how some of the commercial yogurt is made.

製品を選ぶ

製品をご購入されたい場合は、スーパーマーケットへ足を運びましょう。又は私たちのオンラインショップへどうぞ!

how to make yogurt, how to make kefir, npselection, fresh yogurt at home

NPSelectionにご加入ください

ニュースレターを定期購読して、ニュースや記事をいち早くチェックしましょう